2017年04月16日

グリーンキャニオン


ピカスケさん作

2017年4月12日に高橋さん、ヒロリピョンさんと岸和田市のグリーンキャニオンさんのイベント『4時間耐久サバイバルゲーム』に参戦してきました。

実は、数日前から風邪気味でヘロヘロな状態で、前夜はゴホゴホと咳が止まらず睡眠不足で、4時間もサバゲーを続けられる自信はなかったのですが、リタイアせずに終了できて、大満足かつ有意義な一日でした。

今回は4時間耐久かつフルオート戦なので、私の装備は多弾マガジン1個、ノーマルマガジン5個、mini-Sバッテリー3個、M4-CRW、M-933。それに加えてヘルメットに取り付けているアクションカム1台、その他デジカメ2台、デジカメのバッテリー全部で11個、SDカード6枚、miniSDカード5枚。

普段はガスブロニストの高橋さんも、4時間耐久という事で今回はガスガンは使用せず、3人ともM4系電動ガンでした。ゲーム前のシューティングレンジでは、次世代オジサンの2人が「ガハハ」と笑いながら、とても楽しそうに盛り上がってました。

グリーンキャニオンは3人とも初めてなのですが、フィールドにたどり着くまでの道路が狭くて急坂でビックリ。高橋さんのパジェロがギリギリ、米国産の軍用車だとムリっぽいかもです。
元々はゴルフ場だったとのことですが、あんな狭くて急な道を登らないと行けないゴルフ場ってどうなん?って感じですね。

さて、午前中は通常のフラッグ戦。何しろ、フィールドが広い分ゲーム開始直後にダッシュで走る参加者は多くないので、私も普通にテクテク歩いていたらアッサリとHITされました(笑)

早々にHITされた私以外まだセーフティには誰もいないかなと思いながら引き揚げてきたのですが、セーフティにはゲームに参加していない人や、その頃到着して受付をしている人もいて驚きました。
通常ゲームには参加せず、午後からの4時間耐久サバゲーだけを目的に参加している人もいるのでしょうか。

12:00から16:00は本日のメインイベント『4時間耐久戦』になります。ルールは、A~Eのフラッグ5本を全部GETしたチームが勝利のフラッグ戦。ですが、AフラッグをGETするには必ずB~EのフラッグをGETしてからでないと、AフラッグをGETする権利が発生しない。

例えばB、C、D、E4つのフラッグを赤チームがGETして、最後のAフラッグをGETしようとしている最中に、黄色チームがDフラッグを奪還したら、赤チームのAフラッグゲットの権利は消滅し、Dフラッグを巡って攻防戦が始まるという過酷なゲームです。
ルール説明を聞いてて私は「そんなん、時間内に勝敗つくんかいな」と感じましたね。

ゲームはとにかく過酷でした。平地に設置されているバリケードに潜んでいると、林の中から撃たれるし、山を登ると頭上から撃たれるし「ハンバーガーヒルかっ?」って感じですね。高橋さんやひろりさんも同じように山を登っては撃たれるという苦労を味わっていたようです。

とにかく起伏が多くて広いフィールドなので、山登りも多くて歩く距離もハンパなく、1時間経過した頃にはバテバテのヘロヘロ状態となっていた私です。ただ、不思議と2時間を超えた頃よりペースをつかめるようになってきて、適度に休息も取れる様になりますし、フィールドでも敵がいなさそうなエリアではノンビリと状況を見物する余裕も出てきます。


どんなゲームでも同じですが、HITを取れればとても楽しい。今回私はスナイパーに見つからない様に近づき、HITを取れたんですが何だかメチャ気持ち良かったしコーフンしました。
ゲームは、私たちの赤チームが3時間20分で5つのフラッグを全てGETしたので4時間を待たずに終了してしまうという、予想外の展開。

終了した瞬間、私と高橋さんはセーフティでした(笑)

今回の耐久戦では、多くの事を学びました。一つは靴ですね。私はゲームの時はタンカラーのタクティカルシューズを履いているのですが、山登りで滑る事が多かったので、やっぱトレッキングシューズの方が良いと思います。

また、私は1点スリングを使用しているのですが、これも山登りの際にグリップを握っていなければならないので両手がフリーにならず不便です。あと、フルオート戦ばかりだとノーマルマガジンよりも多弾マガジンですね。マガジンチェンジが面倒になってきます。

それと、今回ゲーム中にダッシュで走った時、右足が軽い肉離れになってしまいました。サバイバルゲームって、瞬間的にダッシュで走ることも多いので肉離れを起こしにくいような筋トレやストレッチも日頃から行っていなければと痛感しました。

当初は、私のような50過ぎてサバゲー始めた初心者が4時間耐久戦なんて無謀かなとも思いましたが、いざ参戦してみると、とても楽しい時間でした。

耐久戦はハードなゲームですが、考えようによっては自分のペースで楽しむ事が出来るので、体力の無いおじさんゲーマーや女子ゲーマーには良いかも知れないですね。

今回は我がチームからは3人だけの参戦でしたが、次の機会があればもっと多くの人に参戦して体験してもらいたいですね。
次回もよろしく、お願いいたします。

https://youtu.be/4Gm9P1wbQTo
↑ピックアップ 動画  


Posted by kunrin at 21:14Comments(0)ゲーム参戦

2017年04月10日

ルートアイリッシュ


【ピカスケさんまで!!】
作・高橋少佐

本日(2017年4月2日)はピカスケさん、オカッチさん、ヒロリピョンさんと奈良県のルートアイリッシュさんに参戦してまいりました!!
当日は春らしい陽気で暖かく、サバゲをするには絶好のコンディションです。

さて、前日の土曜日に自分のM4をいじっていたのですが、RAS(ハンドガード)をネジ止めする際、「ぱきっ」と金属音がなり、ネジを締めても一向にハンドガードがきっちり固定されません・・・
もう一度RASを外してみると、バレルナットに噛み合う金属製の爪が見事に破断しております!!これは止まるはずがない!!!マルイの取説をみたら、その爪のパーツだけでは販売されていないようで、RAS毎交換で8,000円もします!!
テンションだだ下がりです!!ま、日頃の行いが悪いのかな・・・

で、ゲームの内容ですが、Delightにしては珍しく私含め皆さん好調で、1日を通して結構頑張れたのではないかと思います。しょっぱなからオカッチさん、ヒロリピョンさんが素早い動きで二階を抑え、一階の敵を制圧してくれるもんですから一階を進軍していた私含めかなり楽に進めました!!
ところがところがです、スタート地点で私に「少佐殿の後ろをついて行ってお守りします!」と心強いコメントをくれたピカスケさんが後ろを見てもどこを見てもおりません!!後で聞くと「いやぁ〜笑」と素敵な笑顔だけ残してまたどこかへ去って行かれます!!笑
もうどんどん私の言う事を聞かない人が増えていきます!!笑笑

なので、中盤は結構皆さんとはぐれてぼっちになるケースが多く、不安と格闘しながら敵と戦うのですが、最近のパターンとして、殆ど同じ敵さんにHITを取られることが多くなってきました!これは非常に悔しいです!休憩中に相手の満面の笑みを見ると、次こそはと思いますが中々うまくいきません。やはり腕がないからでしょうか・・・

さて、ここのゲームの名物に「スパイ戦」があります。。。
(スパイ戦と言うのは、トランプ等であらかじめ同じチームの他の人に分からないようにスパイをフィールドが決め、ゲーム開始後ある程度の時間が経過するとスパイ活動開始、つまり味方も撃っていいと言うルールで、スタート前は皆んなが疑心暗鬼になると言うまぁ、恐ろしいゲームです笑)
今回も裏ゲームでまさかのスパイになったのですが、心が綺麗な私はやはりスパイ活動ができず、そうこうしているうちに弾づまりが発生して会えなく退場すると言うなんとも情けない結果に・・・
(その時の様子はピカスケさんに激写されとります)



最後はこれも恒例の「フルオートでの無限復活戦」です。
今回私以外は皆さん「電動」ですから、それはもう生き生きと楽しそうにばらまいておられました!!が、休憩が短かったせいもあり、私はあまりマガジンがあたたまっておらず、セミで応戦。そら勝てるわけがないです
さすがのガスブロ教の教祖としても、「電動」に心が揺れ動きます。

なんだかんだ言いながら、本日も楽しく1日怪我なく過ごせました!!

また次回、宜しくお願いします!!
(次のブログ執筆者は少佐命令で「ヒロリピョンさん」です!!)

  


Posted by kunrin at 15:02Comments(0)ゲーム参戦

2017年03月26日

ラグーンシティ


作 まこつんさん

はじままして、こんにちは!
このゲームよりチームに正式参加しました、
【まこつん】こと有馬さんです。


高橋少佐より「ブログの作成までがサバゲ―ですよ」と
有難い特別ミッションを拝命(強制じゃないよ)しましたので
執筆させて頂きます。

今回は凄く気になっていたものの、ある諸事情により私が行けなかったフィールド
奈良県天理市にある【ラグーンシティ】に行ってまいりました!

諸事情ってのは、今までは弾速が規定オーバーしている銃しか持ってなかったという、
「男ならより強い銃を求めてしまう!!」ヒロリピョンさんのレシーと同じ悲しい性故にでございます。

ということで本日の参加メンバーですが、
おかっちさん・ヒロリピョンさんとJrさん(2名)・高橋さん・けんじさんとJrさん・
まこつんとその友人(2名)の
最近では大人数の総勢10名で参戦してきました。

このフィールドはお写真を見たり実際に行かれた方も多いので
ご存じかと思いますが某ゲームのラクー〇シティをモチーフにしております。

フィールド自体の規模はそこまで広くないのですが、
都市風のバリケードや警察車両に戦車等が配置されており、
いつゾンビが出来てきておかしくない臨場感たっぷりのフィールドです。

私もこの雰囲気に合わせてガスマスクを購入してしまいました(笑)

さて午前中のゲームですが、

高橋さんが自主練の成果なのか1ゲーム目より1Down!

けんじさんも噂通りグイグイ前進し鮮やかに1Down!
と好調なスタート!!

その後も、
ヒロリピョンさんのサイクロンが炸裂!
おかっちさんの熟練の支援テクニックがさえ渡る!
私も重いガスマスクを脱ぎ捨て普通のマスクにチェンジ、
開幕ダッシュでチームに貢献してきました。



午後のゲームでは、
高橋さんがFFで至近距離から3連発を貰ったり、
ヒロリピョンさんがチーム中から3名しか使用出来ないフルオート役に
立候補するも直ぐに散ってしまうと、よくあるパターン?もありました。


ポリタンク戦でおかっちさんのサイクロンが活躍!!
けんじさんがJrチームに的確な指示!!
私も相変わらずダッシュでサイクロンを転がしたりと
全体的に良い感じでゲームを終える事が出来ました♪


しかしながら、いつでもアクシデントは発生するものですね。

高橋さんのBBローダーが破損し破片が愛銃に入ったのか、
弾が凄い曲がってしまうという悲惨な状態に・・・
長物は1つしかお持ちでないので心配ですね。
ただ、これを機会に新しい銃を購入しなさいと神の啓示かもしれません。
(最近発売されたデルタなど如何ですか?)

さてさてアクシデントがあったものの、皆様Downをとれていたと言われてたので、
ここは楽しく遊べるフィールドですね。
私も初めてのフィールドでしたが10Down以上取れたので、
最近入隊された方でゲームに行かれたこと無い方にもオススメです!!!

暖かい季節もすぐそこまで来ております。
春の陽気に誘われて最近来られてない方も一緒にゲームをやりましょう♪

私も一緒にサバゲ―やりたいです♪

わぁ楽しそう(´・ω・`) Delight Jr もかっこいい!キマッテル!
いい季節になったので、サバゲこれから盛り上がりますね 楽しみだ!(^^)!
  


Posted by kunrin at 10:23Comments(0)ゲーム参戦

2017年03月24日

Brake out


【なんてこった!!】
作 高橋少佐

この所サバゲ行き過ぎの感があるおデブ少佐です笑
本日(3月19日)はヒロリピョンさんが参戦をご所望されたので、急遽参戦する事に!!
私は昨日のバトルゾーンからの2週連続の2連ちゃんでございます・・・
さて、三連休の中日なのでどこへ行こうかと各フィールドのサイトをチェックしますが、まぁ見事に「貸切」か「満員御礼」で行けそうな所が中々見つかりません!!そらそうですよねー、ようやく少し暖かくなってきて、しかも3連休ですからね!!
結局、行けそうなのは大阪グリーンキャニオンか三田にある「Brake out」の二つがまだ空いていたので、早速Brakeoutさんに申し込みです。

当日現地入りするとやはり三田の山奥なので大変寒いです!(5度!!)

ここの受付はなかなにハイテクで、スマホから必要情報を登録すると画面上にバーコードが表示され、それをかざすと受付終了という、私がよく行くフィールドでは見たことのない受付でした。
無事受付も終了し、オーナーさんと会話中に「ここのマガジンウォーマーってどのタイプ?食器乾燥機?それとも HOTの缶コーヒー温めるやつ?」なんて聞いてみるとまさかの「ウチ、マガジンウォーマーないんですよねー。。。」って。。。
「なんてこったい!!!!!!!!」
気温5度でマガジンは冷たくなってるし、これはいつもの快調なリコイルは全く望めないどころか、私のM4は使いもんにならないのではと、テンションがだだ下がりです・・・・泣
ヒロリピョンさんがレシーライフルとHK416Cの2本お持ちだったので、最悪ダメだったらどちらかお借りすることで何とかしのぐことにしました。。。でも銃はやはり使い慣れたやつがいいですよね。

それからセーフティに移動ですが、駐車場及び受付からは200メートルほど離れており、最後の30メートルくらいは山の中を登っていかなければならず、朝からおじさん二人には大変厳しい試練でございました。ま、荷物は軽トラで斜面手前まで運んでいただけるサービスもあるのですが、普段よく行くフィールドがいかに楽チンなのかを思い知らされます・・・

セーフティに着いたら弾速チェックです。一応M4のチェックをしてもらった所、キンキンに冷えたマガジンでも安定して??74くらいは出てましたので、セミオートなら何とかなるかな?と思い、また信頼の東京マ●イ製なので取り敢えず使う準備だけはしておきます・・・

そうこうしているうちにフィールド案内があり、ヒロリピョンさんと一緒に行きますが、フィールドインした途端「え?山?山???」と二人で驚愕です!!

本当に山をそのままにバリケードがわりのコンパネなどが少しだけ置いてあるだけで、ほぼ自然そのままです。中学時代、サバゲとは呼べないいわゆる「撃ち合い」を家の裏山でしていた時の記憶が蘇ってきます。かなり高低差もあり、私のサバゲデビュー戦の「エリアハイランド京都」に高低差をつけ、さらにエリアハイランドは杉林なので殆ど杉の木なのですが、まぁ雑木林と言いますか、隠れるには持ってこいの木もたくさんあり、ブッシュといいますか枝もたくさん出ている感じで中々弾が抜けなさそうな感じです。これは体力勝負の展開が予想され
ます。。。

いよいよゲーム開始です。
最初はフィールドに慣れるためにセミオート限定のメディック戦です。ここのメディックは戦死者にタッチすることで復活できるのですが、近隣のバリケまで下がっていいとかいうルールはなくその場で復活させる必要があり、他のフィールドと違い自然そのままですから場所によっては助けに来た味方もろとも戦死してしまうというリスクも!!
まず1戦目は足ならしの要素もありますから、ガスM4で挑みます。
いよいよゲームスタートです!表ゲームでは体もまだこのフィールドに慣れていないのでよくわからずでしたが、さすがは信頼のマ●イ!!セミオートですと若干リコイルはスポイルされた感がありますが、それなりに弾も素直な弾道で飛んで行ってくれ、セミのキレも抜群に近い状態で、冬でもサバゲに使えるガスガンはこれしかない!と思わせてくれます。

おかげさんで朝イチではまず私は取れることのないHITが取れました!!続く裏ゲームではM4が使える事に気を良くしたのと先週からの自主トレやラグーンシティと立て続けに週末は参戦したので、体が少しサバゲになじんで来たのか、アップダウンが激しい割には快調に敵陣へ攻め込み連続HITです!!さすがはマ●イ!と感心しながら調子に乗ってさらに足を進めるとさすがにやられてしまいます笑。割合私一人が前へ出すぎていたので、中々メディックに来てくれないのですが、ようやく勇気ある方に助けてもらい復活!ですが、前述の通り前に出すぎているため、その瞬間弾が3方向くらいから飛んで来て、まるでいわゆる「リスキル状態」でしたが、まぁそれはそれで楽しかったです。
次からはずっとフルオート戦で、ヒロリピョンさんの本領発揮です!中々初速制限で使えるフィールドがなく、お蔵入りの危機にありましたが、Brakeoutでは98までOKと、法定いっぱいいっぱいまで大丈夫ですので、レシーが大活躍です!!ほぼ、弾が出ていない時がないのではないかというくらい撃ちまくっておられHITを順調にとっていかれます!
(ちなみにヒロリピョンさんは午前中だけで弾を2,000発以上撃ち、バッテリーもそこをついてしまうという状態。。。何ぼ撃っとんねん!と突っ込みたくなります笑)
私もセミオートで頑張るのですが、如何せんフルオートの火力の前には押され気味ですが、そこは腕でカバーや!!と思いながら(注:カバーできる腕はありません!!)いっぱい飛んでくる弾にビビりながらも頑張って何とかHITを取って行きます。


お昼をはさんで初っぱなのゲームでは、「小隊戦」という私は初めて経験するゲームで、これはセーフティで座っているテーブル毎にチームを組み、それ以外は敵というまぁ、一種のバトルロワイヤルみたいな感じですね。但し他の小隊と結託することはOK
なのですが、からなず最後は裏切って自分の小隊だけにならないといけないという条件が付いてます。
ここでは二人藪の中にじっと隠れて残り5分のコールがかかった瞬間、若者チームを一網打尽に!!ヒロリピョンさんの作戦勝ちでしたね。
其の後はずっとフルオートのフラッグ戦でしたが、午前中は我々黄色チームが優勢だったのですが、どうも昼からは劣勢になっており、フラッグを取られっぱなしです。

よーく観察していると毎回裏どりをしてくる若者チーム(小隊戦で我々が一網打尽にしたチーム)がおり、これを止めないと話になりません!!が、普通のフィールドと違いここでの裏どりはほぼ、「登山」をしているようなもんですので、迎え撃つ方も結構大変です。彼らに気を配っていると、当然正面からフルオートで雨のように弾が飛んで来ますし、正面とやりあっていると横や後ろから裏どりチームにやられてしまうという、何とも敵からしたら美味しい展開になっており、これではいかん!とあるゲームではヒロリピョンさんと二人、我
々も裏どりすべく登山を開始です。銃と装備を担いでの山登りですから結構堪えますが、ここまで登って来たら何とか大丈夫だろうという場所でプローン(伏せた状態)の体制で様子見です。私の横5メートル下側にヒロリピョンさんがいたのですが、突然激しく交戦が始まります!但し私からは敵が視認できないのでどうすることも出来ず、無線で敵の位置を確認すると、「正面の谷!」と帰って来たので、正面を警戒しているとヒロリピョンさんがあえなくHITされ、山奥で一人ぼっちです・・・ただそのままではどうしようもないので、久しぶの匍匐前進で進んでくと更に上の方から銃声と共にゴーグルにパチパチっと衝撃が!!若い彼らです!!!我々がここまで登ったら大丈夫と思っているさらに上を裏どり
して来ていました!!ここまで登った苦労が水泡に帰します・・・

最後は無限復活メディックの殲滅戦です。無限復活の殲滅って終わらないんじゃないの??なんて思ってゲームに挑みます。やはり本日最後のゲームとあって、皆さんフルオートで撃ちまくりですが、私はさすがにセミは使えてもフルは厳しいので、相手の火力にビビリながらも無謀に前進を繰り返して行きます!!何せ無限復活ですからメディックさえしてもらえればいいのですから!!
所が例の若者チームが例のごとく見事な連携で裏どりをして、私も、さらに無謀に前進してやられている其の私を勇敢に助けに来てくれたお兄さんもあえなくHIT!!味方にメディックを要求するのですが、味方もそれどころではなく正面の敵と激しく交戦している間に、裏取チームに敢え無く殲滅されてしまい、黄色チーム全員がメディック待ちという状況に!!つまり見事に殲滅されたわけですよね!!

まぁ、最後までやられっぱなしではありましたが、デビュー戦以来の森林戦で、中学時代を思い出したりと中々楽しいフィールドでした!えらい長くなってすんませんが、それだけ楽しかったということで・・・

もう少し暖かくなったら再チャレンジしてみたいフィールドですので、是非皆さん行きましょう!!!  


Posted by kunrin at 10:35Comments(1)ゲーム参戦

2017年03月20日

バトルゾーン


【たまには趣向を変えて・・・】
作 高橋 少佐


本日はボッチ参戦で奈良のバトルゾーンさんに参戦してまいりました!!
なので写真もないですし、ぼっち参戦の時にはブログは書かないのですが、ウチのチームも新しい方が増えてきて、まだサバゲをした事もない方もいらっしゃるかと思いますので、少し簡単ですが「サバゲってどんな感じ?」という疑問に少しでもお応えできればと書いてみます。

【サバゲの朝は早いです・・・】
ゴルフをやられた方はご理解いただけるかと思いますが、似たような感じで早い方は8時過ぎには大体フィールドについておられたりします!!大体京都市内からですと行く場所にもよりますが、1時間〜1時間半程度かかるところが多いかな?
なので6時から7時くらいに出発するイメージでしょうか?
で、フィールドに到着すると準備をしつつ、受付を行います。
殆どのフィールドでは女性のみ更衣室があるのでご安心を!!
(男性用はなかったりしますが・・・)
準備と受付が終わると、なんとなく銃の調整を行います。主に行うのはHOP調整といって、BB弾にバックスピンをかける事により、遠くへ飛ばす技術なのですが詳しい説明は他のメンバーさんにお任せするとして、調整してゲームスタートを待ちます。
(ま、しなくてもなんとかなるとは思います!)

【アメニティについて】
殆どのフィールドが山の中だったりしますので、どうしても簡易トイレになってしまいます・・・
が、フィールドによってはものすごく綺麗にされてたりしますので、そう心配しなくてもいいと思います。

【お昼について】
殆どのところは自分で予め用意しておかなければなりません。大体の方がコンビニのお弁当かカップ麺ですね。もちろんお弁当を作って持って着ても大丈夫です。

【ゲームについて】
ゲームの内容ですが、フィールドによって色々なゲームがありますが、本日、バトルゾーンさんでは以下の4種類の内容でした。中でもオーソドックスなのは
① 殲滅戦(相手チームを全員倒す)
② フラッグ戦(相手陣地にあるフラッグをとったチームの勝ち)
の2つですね。
今日参戦したバトルゾーンさんでは、午前中はフラッグ戦のみでした。
午後からは
③ メディック戦(敵に撃たれた後、味方に救出してもらう事により復活できる。フィールドによって復活方法は様々ですが、バトルゾーンさんでは、腕に巻いているマーカーを巻き直すことにより復活できます)
④ 立て籠り戦(守備側と攻め側に分かれ、守備側は決められた線より前に出ることが出来ない)
と1日を通して飽きないように色々と各フィールドさんも工夫されておられます。
後、ゲームは大体1ゲーム7〜10分くらいで、5〜10分の休憩を挟むのが一般的かと思います。

【雰囲気】
初めての方は一番気になられるポイントかと思います。
確かに迷彩服を着た人がたくさんいて、ごっつい銃もたくさんあって、側から見ると中々ビビりますよね・・・
かく言う私もちょっとビビってましたから・・・
でも、ものは考えようで、例えばスキーやスノボに初めて行くと、かっこいいウェアや装備の人が沢山いますよね。まぁ最初はちょっと圧倒されますが、すぐに慣れたご経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。まぁ、ちょっと違うかもですが、それとおんなじようなものだと思っていただければいいんではないかと思います。
後、参加されている人の雰囲気ですが、多分イメージですと、怖そうな方が多いと思われると思いますが、全くその逆で気さくな紳士淑女の方ばかりです。(これほんと!!)

【最後に・・・】
中々に初めての方ですと敷居が高く、きっかけがないと参加しづらいかと思いますが、Delightの皆さんは親切丁寧に教えてくれると思いますよ!!
是非是非皆さんで行きましょう!!

少佐!(`・ω・´)ゞありがとうございます。
サバゲに関して、初心者や女性は色々、不安や参加のキッカケが難しい事があるでしょうね
でも、参加してみたら、同じ趣味を持つ者同士、すぐに仲良くなれますし、楽しい世界が広がります。
当チームは、チーム内はもちろん、チーム外の方に対しても、マナーを重視しています。
これからも、いい仲間の輪を広げていきましょう!
  


2017年03月13日

ラグーンシティ


オカッチさん作

本日は、チームメンバーさんの少佐殿、ひろりぴょん殿と私オカッチで奈良県にあるサバゲーフィールドラグーンシティさんに行ってまいりました。
ここは、行ったことのないフィールドでしたが以前から気になっており行ってみたいと思っておりました。

朝の8時半ころに現地に到着し用意を進めていると参加者が続々と来られ、総勢70名強の人数・・・
えっ?2つに分けたら35人くらい???そんなに広くないフィールドに味方チームが35名となるとフレンドリーファイアーが多発するのでは?
と思っていたら、4チームに分かれてゲームをすることになっていたらしく、内心ほっとしました。。。

と言う事は、2チームがゲーム中は残りの2チームは休憩ですよね?ゆっくりできますよね?ん?1ゲーム7分間?終わったらすぐに入れ替えてゲームするの?と言う事は休憩7分間?いつもと変わらないことない?
って言うか、普段よりかなりハードなゲームになっちゃいまして私も少佐殿もお昼休憩の頃にはすでにクタクタ(笑

午前中のゲームは殲滅戦が中心でした。
普段、ゲーム開始後はあまり調子が出ない少佐殿もこの日は足取り軽やかにHitを取り、ひろり殿も独自の戦略でスタート後には姿を見失うも
7分間しっかりとフィールド内に残り善戦!
私も、なぜか(?)調子よく1Down,2Down・・・とこの日のDelightチームはいつもと違います!!
少佐殿のメインアーマーM4MWS(ガスブローバック)も日頃の整備と気温が良かったのも相まって調子よく火を噴きます(いやBB弾を噴くか?)。

ひろり殿と私のメインアーマーは同じHK416C。
普段の整備はあまり良くないものの、東京〇ルイの製品はしっかりと役目を果たしてくれます。

ここのフィールドは関西では珍しく、跳弾Hitなしです。
いわゆる、直接弾に当たらなければHitになりません。
写真にもあるように、かなり多くのバリゲートや入り組んだ通路が有り跳弾有りだと、すぐにHitとなるからでしょうか?
紳士的な判断がすごく要求されるフィールドですね。

また、参加資格が満10歳以上で通常戦でも子供の参加がOKなのも魅力です。
今回もお父さんに連れられてか、4、5人のお子様戦士が参戦されていました。

昼からは、フラッグ戦、メディカル戦、立てこもり戦、全員参加戦と盛りだくさんで飽きることのないゲーム内容で、運営さんも色々と工夫を
されておられる感じを身をもって味わせてもらいました。

一日を通して、大した面白ネタはありませんが楽しめ、そして存分に体を使い充実のサバゲーでした。
休憩時間が少なく、おじさん3人組は疲労とも必死に戦っていましたのでいつも終了時に撮るチームの集合写真もすっかり忘れて
反省会に移りましたので、写真は今回少なめになっておりますm(__)m

最後になりますが、本日は無線は使用していませんでしたが誰の援護に回るとか、自分のいる所から見えない敵を他の人がカバーして声かけをするとか、無意識のうちにカバーが出来ており、図らずとも無線を使用することによって伝えることに手間取り本来行うべき行動のフォローが出来ずにHitを取られてしまう事が無くなったと言う点も収穫のあった一つです。

しかし、参加人数が多いと経験や戦力のバラツキがあり、「あっ、こっちは3人カバーに入ってるから私は反対側に回ろっと!」「あっ、Hitでーす。。。ん?そっちから相手が現れたってことは、さっきの3人は一体なにをしてんねん?」と言う事がしばしば(笑

やはり、ゲームを一緒にこなすことによりその人の癖や考え方が分かるってこともあるいみ「連携」ってことにつながるんだと改めて感じた一日でした。

私事ですが、ここのフィールドで関西9フィールドに行ったことになります。
まだまだ、知らないフィールドもありますが次で10フィールド目です。
次はどのフィールドになりるんでしょうか?楽しみです。

いいオジサンたちが朝早く起きて一日疲れ果てるまで体を動かし17時過ぎには一緒に夕食を共にし、20時には帰宅してお風呂に入る・・・
イヤー健全健全♬

長くなりましたが、こんな感じで楽しくサバゲーをやっております。

Delight to Shout 京都 は初心者や女性でも楽しくサバゲーに参加できるいいチームですので興味のある方はぜひご参加ください!!  


Posted by kunrin at 22:04Comments(1)ゲーム参戦

2017年03月08日

チーム設立2年


チーム設立2年にして思うこと kunrin
Delight to Shout 京都チーム結成より、2年が経過いたしました。

当初、チーム名に「京都」の文字はいれてなかったのですが、一年前に、京都の文字を入れ、チーム名を「Delight to Shout 京都」といたしました。

京都在住者・30歳以上の条件で、募集を始め、うれしい事に、現在男性19名・女性10名のチームになりました。
仲間が増え、ゲームを行う機会も増え、初心者でこのチームで初めて、サバゲを体験なさったメンバーも、今や戦術・戦略に長けた、ゲーマーになられました。

装備に至っても、「長く続く趣味になるかわからないもの」にお金をかけるわけにはいかないものですが、あれ?あれ?っという間に増え続け、
いつのまにやら、皆さん凄い武器・装備でゲームにいらっしゃいます。(^_-)-☆
無線機も気が付けば、総数12台!!

皆さん社会人として、立場や地位がある大人ですが、連携・作戦についても、同じ趣味を持つ者どうし、少年・少女のように、日常で普通に会話し、「次のゲームでは、より上手く、より楽しいゲームにしよう」と皆で楽しく話しています。

サバゲチームとは、サークルであり、有志の集まりです。
サークルは、サービスを受けるところではなく、サービスを提供する所でもありません。
誰かが、企画を建ててくれて、それに従うのではなく、皆が、その共通の趣味で、「より楽しく」、「気持ちよく、より良い時間を過ごす」ことを目的として全員で造り上げて行くところです。

当チームメンバーのおかげで、単にサバゲをする仲間から、一段ステップアップして、「仲間」になっていることが、常々誇れる気がいたします。
チームメンバーの皆さま、ありがとうございます。

新規メンバーも現在募集中です。
当チームは、すでに既存のメンバーで一つの輪ができていますが、新しく参加された方もすぐに打ち解け、楽しくゲームに参加頂いております。

志を同じくする、新しい仲間との出会いをチーム一同、お待ちしてます。  


2017年03月06日

バトルゾーン

【今日は色々と散々でした・・・】
作 高橋少佐

本日はおかっちさん、ヒロリピョンさんと私の知人の計4名でバトルゾーンに参戦してまいりました。
他のメンバーさんは防衛防災フェス??なるものに行かれて今回は少なめでの参戦です。
本当はバトルゾーンには欠かせない上等兵も参加予定だったのですが、急遽大蔵省からの依頼でキャンセルに・・・
但し、ここで大蔵にゴマすっておくと、次世代AKの予算が認められるとのことで、装備されるのを楽しみにしております!!

さて、やはり我々の事ですからすんなり行きません!
朝の弾速チェックでまさかの!というか恒例になってきてる感がありますが、ヒロリピョンさんのレシーが規定速度オーバーで使用できず・・・
3回目になると、もはは規定路線の感があり、我々、驚かなくなってきました笑

さて、ゲームですが、午前中は全てセミオート限定のフラッグ戦でした。
あいも変わらず私は無謀に35~40メートルの距離でカスタムした、しかも上手な人と撃ち合い、撃ち負けるというパターンで、ヒットが全く取れません!!!
どうやらヒロリピョンさんもヒットが取れない状況は同じのようで、ダメダメコンビです。。。
おかっちさんも健闘されるものの、ご自身が思い描いておられるゲーム展開ではなく、結構早めのセーフティへのご帰還が続き、午前中のDelihghtは全くいいとこ無しです・・・

午後からはバトルゾーン恒例のメディック戦、立てこもり戦です。
まずメディック戦です。
ここでも私は気を抜いたのか、はたまたお昼食べ過ぎて動きづらかったのか笑、同じ場所で連続3HITをくらい敢え無く退場です・・・
(バトルゾーンのメディック戦は2回まで復活でき、3回目のHITで退場となります)
裏ゲームでは、少しだけ頑張り本日初めてのHIT!!
でも無謀にもカスタムされた電動の方と撃ち合い、ここでも打ち負けです・・・
かろうじて私の知人含め何人かメディックで復活させることができたので、良しとしましょう。

続いての立てこもり戦もいいところ無しで・・・
守り側の時には開始5秒でどこからともなく飛んできた弾が当たってしまい、HITコールをすると、横にいたおかっちさんも跳弾の犠牲に・・・
多分途轍もないロングレンジを上手に撃って来る人が敵チームにいたんでしょう。。。

ここでまたトラブルが!!
我々が攻撃側の時、立てこもり戦のスタート地点にいつまでたってもヒロリピョンさんが現れません!!
よくよく聞くと、どうもバッテリーのプラスマイナスを間違えて接続してしまい、ヒューズを2回も飛ばしてしまったとの事!
しかも朝、弾速チェックでNG食らって、お昼にバッテリーをリポからニッ水に変えてOKもらったレシーで!!!
これはいよいよレシーを使うな!という神のお告げのような気もしてきます笑
(実はこの後、もう一度ヒューズを飛ばされてました!!1日で合計3回も!!)
ヒロリピョンさんは、結局の所ハンドガンでHITを量産されていましたので、ずっとハンドガンでもいいかもしれませんね・・・

最後は通常のフラッグ戦で締めです。
辛うじて1HITとれたので、まぁ何とかかっこついたかなと・・・

今回「も」学びました!!
よくよく考えると撃ち負けるとは全て「ウデ」のせいだと・・・
頑張って「ウデ」を磨きます!!!
(大佐に怒られないように!!)


防衛防災フェスに行かれたメンバーさんはCQBリミテッドに行ってはったみたい!!
(こっちの戦果含めたブログに期待しましょう!!)


防衛防災フェス展示車両
  


Posted by kunrin at 14:53Comments(1)ゲーム参戦

2017年02月20日

新年会


Delight to Shout 京都 2017年新年会を行いました。
皆で集まって、飲み会をするのが楽しみで、待ちに待ったこの日がようやく来ました。
でも単に集まって飲むのは、サバゲチームらしくない・・・(^^♪
その前に、一汗かいてよりお酒がおいしく飲めるようにしましょう!

はい、やってまいりました! CQBを楽しめる「 セクター5」

普段のゲームでは、チームプレイでお互い、手の内を知り尽くしている、11名が敵、味方に分かれて行う、身内戦。
チーム分けをするのですが、通常赤、黄色と分けるのですが、今回のDelightでは違います。

いつもいるはずの、わがチームの、「法の番人」であり、その存在感の際立ちにより、誰もが、一目を置く、
「まなみんポリス」が本日は事情により、不在なのです!
彼女がいないと、正義を漂わせる、なにかが不足して、どうチーム分けしていいものやら、考えました。

しかたなく、メンバーを「Gang」チームと「テロリストチーム」に分かれて戦います(なぜか、魂をGangに売った、悪徳刑事が一人がGangにまぎれています ゚Д゚)

ゲームの内容ですが、閉ざされた、狭い、CQBフィールドでの殲滅戦ですが、本当にウチのメンバーは戦い方がうまい!

ハンドガンを一瞬で、サイディングして、的確に、有効に、撃ってくる。
ゲーム開始直後から、ピリピリに張り詰めた、緊張感ただよう、戦場に、なりました。

テロリストチームには、サイクロングレネードを要所でぶち込んでくる、ヒロリピョンさんがいます。
他チームとの対抗戦も、緊張感はありますが、メンバーによる身内戦は、ある意味、尋常ではない、緊張感がありますね。

ゲーム終了後、お仕事を終えられた、「トールさん」と、新メンバー「るーさん」も合流して、総勢13名で新年会会場に移動
皆で、乾杯をして、改めて、新年会を行いました。
おいしい料理と、お酒をメンバーで頂いて、盛り上がりは絶好調!


なんだろ?まだ皆、知り合って半年とかぐらいなのに、10年くらい前から友達のような宴会に、不思議な気分になるよねー
これは、普通ではあり得ない!

サバゲという、ある意味、不思議な時間を共有することで、生まれる連帯感から来るものなのか?
それとも、みんなナイスガイ・ナイスレディだからなのか?

考えた、結論は
その両方なのだろうな   って思いました。
いいメンバーに巡り合えて、本当によかった!今年もみなさん宜しくお願いいたします!!

絶賛 新規メンバー募集中です。
チームとして形が出来てきました。
当チームの趣旨にご賛同いただける、初心者・経験者・男性・女性問わず、どうぞご応募ください!
いい仲間がお待ちしております
  


Posted by kunrin at 11:04Comments(0)ゲーム参戦

2017年01月29日

京都コンバットゾーン


「フラグゲットだぜ!」と思ったら・・・・
殲滅戦だった。
苦い思い出があるオカッチさん作。

今回は1月28日(土)の参戦記事を投稿いたします。

今回はチームメンバー有志で京丹波にあります
コンバットゾーンさんにピカスケさん、ひろりぴょんさん
少佐殿、私オカッチの4人で参戦いたしました。

当日は朝から気温が低くフィールド手前の道路も凍結しており
さらにはフィールド内も以前に降った雪が残ったまま。
寒さに震えながらのゲームオンです!

午前中はフルオートを中心にフラッグ戦、殲滅戦を
こなしていきます。

フラッグ戦ではいつも大人(年寄とも・・・)な私達は
ゆっくり戦況みながら動き、案外早い時間帯にセーフティーに
戻るというある意味余裕のあるサバゲーを展開してますが
この日は、チーム少佐殿が2ゲーム目にしてフラグゲット!!

ピカスケさんも軽やかに動き回り新しく装備された電動M4を
撃ちまくっておられました。

ひろりぴょんさんは、朝の弾速チェックでフィールドレギュレーションの
規定速度をほんの少しオーバーしメインウェポン没収されるという
非常事態に・・・・
何度計測しても安定して規定オーバーだったそうです。

ひろりぴょんさんは、様々な武器をお持ちで夜戦時には
ナイトビジョンまで飛び出します!

殲滅戦では私が大活躍(?)
バリゲートから出てきたプレーヤーさんを撃ちます。
相手も撃たれてるので撃ち返します。
お互いHITコールし確認すると「あっ、ひろりぴょんさん!」
ああああああーーーFFです。
数ゲーム後、飛び出してきたプレーヤーを撃ちます。
相手も撃たれてるので撃ち返します。
お互いHITコールし確認すると「あっ、少佐殿!」
あああああああああああああああああああああああああああ
2度目のFFです。

本当に申し訳ないです。
午前中だけで2回もチームメートに打ち込み致しました。
集中力に欠ける行動に反省です。

普段使っているメインアーマーは電動ガンなんですが
少佐殿はM4MWSのガスブローバック銃です。
この時期にガス銃はかなりアドバンテージがあると思い
私は使っていないのですが、少佐殿のM4をお借りし
殲滅戦に挑みました。
まずはゲーム開始前にチャージングレバーを引いて
BB弾を装填、セーフティーレバーをセミオートに
入れて待機。
ゲーム開始でワクワクしながら相手を待ちます。
ゼロインがしっかり合っているダットサイトを
覗きながらトリガーに指を・・・その瞬間・・・
「痛い・・・」
一発も発射することなくセーフティーに。。。。
ガス銃の重たさだけが、この身に残ります。

午後からはセミオートのフラッグ戦と殲滅戦を
回していきます。

この頃から青空が見え、フィールドの雪も溶けだし
ゲームをしている最中は体が温まっていい感じ。
ですが、溶けだした雪のせいでぬかるみが出来て
動きずらいことこのうえなし!

そんな中、ピカスケさんが大活躍です。
殲滅戦では最後まで生き残り、相手のプレーヤーを
一掃で勝利を我がチームに!
フラッグ戦でもフラッグ周りの敵をしっかり確認し
余裕をもってフラグゲット!
早々とセーフティーを温めていた私は、眼下に見渡せる
ゲーム内容をしっかりと拝見させていただいておりました。
いやー、今回は本当に大活躍です。
まさに「見敵必殺」ですね。

私も、適度にHITを取りつつ適度に休憩しながら
今回参加された皆さんの紳士的なゲーム内容に
大変楽しく過ごすことができました。

帰りは恒例の「反省会」(反省はしたことないですが)で
夕食を食べてお腹も満たされ幸せな一日でした。

今回は
フラグ戦で目の前にあるフラグを取る瞬間
段差も障害物も何もないところで転んでしまい
相手に撃ち込ませるという苦い思い出がある
オカッチが担当させていただきました。  


Posted by kunrin at 19:17Comments(0)ゲーム参戦